危険生物を減らす

伸びをする女性

人が生活していくうえで、意外に危険な生物はいるものです。世間一般ではマムシや熊などは有名でしょう。毎年マムシにかまれたり、熊に襲われて命を落とす人もいます。でも、もっと危険なものはスズメバチでしょう。とくにキイロスズメバチは人の近くで生活していますので、刺傷被害件数も多いのです。しかも刺されるとアナフィラキシーショックによりアレルギー反応をおこす可能性があるのです。重症化した場合、死に至ることもあるのです。このように、意外にも身近で危険なことがおこっているのです。そのため自治体でも注意を呼び掛けています。とくに刺されないようにすることが重要なので、キイロスズメバチの巣があれば、すぐにハチ駆除業者に来てもらい、安全に駆除してもらうようにすすめています。

最近人家の周りで蜂の巣が発見されることが多くなっています。それは自然の減少が原因とされていて、蜂の住むところが人の家の近くに移動してきているのです。その蜂の中でもとくにキイロスズメバチが、一番人の生活圏に入って活動しているのです。夏から秋にかけてよく人家の軒下に巣をつくります。ですから、キイロスズメバチの巣をみつけたら、すぐにハチ駆除業者を呼びましょう。業者はインターネットで調べることができますし、チラシ広告にも載っているかもしれません。また、自治体でも無料で、ハチ駆除業者を派遣してくれるところもあります。そうでなくても業者を紹介してくれるでしょう。どちらにしても、まずは現状を見て、見積りをしてくれますので、そこから検討してもいいでしょう。